催事予定・履歴へ

【腹部超音波検査ハンズオンセミナー】
『平成22年度 腹部エコー実地臨床研修会』が下記の要領で実施されます。
 超音波検査は、侵襲性の低さと装置の簡便性から今や“触診代わり”とまでにも言われるようになった検査法です。しかし、知識はあるものの実際の臨床ではある程度の技術も必要となるため困った経験は誰でも持っていると考えられます。最近は種々の書物からでも知識は得られるようになりましたが、超音波検査の最大の弱点である客観性の低さにより、細かなニュアンスまでは伝わり難いのが現状です。そこで当講習会では講義のみではなく実際にプローブを握って装置を操作してみる実習を組み入れ、身体で覚えて頂く講習会です。下記の全てのコースが半分は講義、半分が超音波実習となります。
実習は超音波診断装置6台を導入し、各人がマンツーマンの指導を受けられる時間を考慮しております。
受講を機会に日頃の超音波検査の悩みを解消し、超音波検査に対してのモチベーションを上げ、明日からの日常診療に即役立つ内容として企画されています。
講師は、駿河台日本大学病院の現役超音波班の先生方で、日常診療における超音波検査の最先端から研修医・検査技師の教育を担当している先生方です。超音波検査のツボを熟知されていることは勿論、現役ならではの最新装置の調節方法なども伺うことが可能です。
今回は基礎コース、応用コースを設定しておりますが、3回通してコースでのお申し込みに限らず、毎回ご希望のコースにお申し込みいただくことも可能ですので振るってご参加をお待ちしております。

会場: 会場:「主婦会館プラザエフ」
 千代田区六番町15番地 (TEL 03-3265-8111)
会費: 講習1回につき 2,000円(事前申し込みが必要)
申し込み締め切り: 5月31日
参加申し込み方法・詳細等は会員宛に文書にて通知済み。
お問い合わせは、東京内科医会事務局(TEL 03-3259-6133)まで。
〔基礎コース〕
第1回 平成22年6月23日(水)午後7時~9時
だれでもできる!腹部超音波検査
~スクリーニング検査における描出のテクニックおよびピットホールについて~
超音波実習:肝臓の描出の基本テクニック
   講師:駿河台日本大学病院 超音波室  
廣井 喜一 先生、阿部 真久 先生、塩澤 克彦 先生
第2回 平成22年7月28日(水)午後7時~9時
知って得する!日常外来診療に役立つ超音波検査
   ~初診時および救急診療で役立つ超音波検査とその所見の読み方~
    超音波実習:胆嚢、膵臓の描出の基本テクニック
    講師:駿河台日本大学病院 超音波室
廣井 喜一 先生、阿部 真久 先生、塩澤 克彦 先生
第3回 平成22年9月1日(水)午後7時~9時
あると便利なカラードプラ検査
    ~簡単にカラードプラを使用するコツ、ドプラ検査の有用性について~
    超音波実習:腎臓、脾臓、その他の描出の基本テクニック
    講師:駿河台日本大学病院 超音波室
廣井 喜一 先生、阿部 真久 先生、塩澤 克彦 先生
〔応用コース〕
第1回 平成22年6月23日(水)午後7時~9時
一歩進んだ超音波検査:(肝疾患編)
B-mode~ここまで分かる超音波検査法
① びまん性肝疾患における超音波検査、
② 肝腫瘍性病変における超音波検査
   超音波実習:肝臓の描出の基本・応用
講師:駿河台日本大学病院 超音波室
小川 眞広 先生、中河原 浩史 先生、杉山 尚子 先生
第2回 平成22年7月28日(水)午後7時~9時
一歩進んだ超音波検査(胆嚢・膵臓疾患編)
胆道・膵臓の抽出のポイントと鑑別疾患
   超音波実習:胆嚢、膵臓の描出の基本・応用
講師:駿河台日本大学病院 超音波室
小川 眞広 先生、中河原 浩史 先生、杉山 尚子 先生
第3回 平成22年9月1日(水)午後7時~9時
一歩進んだ超音波検査(腎臓・脾臓・消化管疾患編)
① 腎・脾・消化管疾患における走査法のポイントと鑑別疾患
② ここまできた!!超音波診断
   超音波実習:腎臓、脾臓、その他の描出の基本・応用
講師:駿河台日本大学病院 超音波室
小川 眞広 先生、中河原 浩史 先生、杉山 尚子 先生
 
東京内科医会事務局:東京都千代田区神田駿河台 2-5 東京都医師会館3階 
Tel. 03-3259-6133 Fax. 03-3259-6155