催事予定・履歴へ
 
・第49回案内パンフレットはこちら(PDF)
2型糖尿病治療 の血糖日内変動からみた治療指針
−CGM ・SMBGの効果的な活用 −
日時:平成23年11月19日(土) 16:00〜18:40
場所: 吉祥寺東急イン 3F 「むさしの」
武蔵野市吉祥寺南町1-6-3
(JR中央線・京王井の頭吉祥寺駅公園口徒歩約3分)
−プログラム−
16:00〜16:10 1 開会の辞
第49回東京糖尿病治療セミナー担当世話人
杏林大学医部第三内科 教授 石田 均 先生
16:10〜17:00 2 特別講演
 『血糖の可視化−持続血糖測定・ CGMから視た今日の糖尿病治療−
座 長: 東京医科大学第三内科 教授 植木 彬夫 先生
演 者: 自治医科大学内科学講座内分泌代謝学部門 准教授 長坂 昌一郎先生
 
< 休憩15分 >
17:15〜18:30 3 パネルディスカッション
より良い血糖管理を目指すうえでのSMBGの活用
司 会: 戸塚 康男 先生 (調布東山病院 院長)

(1)「糖尿病の診断にSMBG測定を活かすメリットと限界」
  片平 宏 先生 (片平内科クリニック 院長 )
(2) 「HbA1c“良”に隠れた高血糖を見つける工夫 」
  吉元 勝彦 先生 (杏林大学医学部第三内科 講師 )
(3)「2型糖尿病治療におけるSMBGの効果的な利用法」
  大野 敦 先生 (東京医科大学八王子医療センター
          糖尿病・内分泌・代謝内科 准教授 )
コメンテーター: 伊藤 眞一 先生 (伊藤内科小児ク リニック 院長 )
           近藤甲斐夫 先生 (糖和会近藤医院 院長)
18:25〜18:30 4. 閉会の辞
東京内科医会 会長 望月 紘一 先生

※ 本セミナーは、日本医師会生涯教育制度2.5 単位が取得(カリキュラムコード 23 ,73,74,76,82 )できます。
また、『 日糖協療養指導医取得のための講習会』として認められています。
セミナーご参加にあたり、事前申し込み等は必要ございません。


    * お問い合わせ先 :東京都千代田区神田佐久間河岸59号地
                株式会社スズケン 東京中央営業部
               (担当 :吉田憲二 TEL:03-3862-6123 FAX:03-3862-6599)

    共催:東京内科医会・株式会社スズケン・株式会社三和化学研究所

    後援:東京都眼科医会・東京都糖尿病対策推進会議
東京内科医会事務局:東京都千代田区神田駿河台 2-5 東京都医師会館3階 
Tel. 03-3259-6133 Fax. 03-3259-6155